Sun Microsystems, Inc. logo  


 

Sun Java™ System Web Server 7.0 は、動的および静的コンテンツを 配信する、パフォーマンス、拡張性、安全性に優れた Web サーバーです。ドメイン仮想化、柔軟な構成、 堅牢なセキュリティー機能により、サービス品質の 向上を実現します。

Features

スケーラビリティーとパフォーマンス
Sun Java System Web Server 7.0 はマルチスレッド およびマルチプロセス型のアプリケーション であり、32 ビットまたは 64 ビットモード での動作が可能です。動的コンテンツや セキュリティー保護されたコンテンツを 配信するための高いパフォーマンスと、マルチコアの Chip Multithreading (CMT) システム上で 10 万を超す同時接続をサポートする卓越した スケーラビリティーを備えています。

サーバー管理
管理インタフェースでは、使いやすい ブラウザベースまたはコマンド行ベースの インタフェースを使用して、仮想サーバー のきめ細かな制御、よく利用するタスク への迅速なアクセス、統合されたクラスタ 管理が可能です。コマンド行インタフェース ではあらゆる操作を安全に実行でき、 スクリプトによる実行やリモートからの 実行も可能です。JMX ベースの管理 インフラストラクチャーと N1 Service Provisioning Service (SPS) は、リアル タイム監視やライフサイクル管理などを 通じて、Web サーバーファームへの 分散配備を実現します。プロセスに対する 最も一般的な管理タスクは再起動不要で 実行できます。

クラスタサポート
組み込み型のクラスタサポートにより、 Web サーバーのクラスタの監視および 管理や、Java セッションのピアツーピア インメモリーレプリケーションが可能です。

柔軟なパターンマッチング
完全な正規表現のサポートにより、 パターンや各種環境変数に基づく 柔軟な要求処理、複雑なアプリケー ション URI のマスキング、大規模 ホスティング環境への対応を実現 しています。

Java Web コンテナとセッションフェイルオーバー
Java Servlet 2.4、JavaServer Pages (JSP) 2.0、JavaServer Faces (JSF) 1.1、JSTL (JSP Standard Tag Library) 1.1、Java Web Services (JWS) 2.0、OASIS Message Security などの各種規格の、J2EE 1.4 に準拠した パフォーマンスの高いインプロセス実装を提供 します。セキュリティー保護されたインメモリー データレプリケーションを利用した軽量なセッション フェイルオーバーにより、サーバーの再起動後の セッション持続性を実現しています。 NetBeans 5、Java Studio Enterprise 8.1、 Creator Developer Tools との統合により、 Java Web アプリケーションの開発、デバッグ、 配備が容易になっています。

WebDAV パブリッシングとファイル管理
WebDAV のサポートにより、コンテンツの 管理や Web サーバーへのコンテンツ発行を、 業界標準のツールを使って簡単に行うこと ができます。Sun Java System Web Server 7.0 は、WebDAV と連動する WebDAV ACL (アクセス制御リスト) に加えてネイティブ ACL をサポートします。

HTTP 圧縮
ユーザーエージェントに送信する前にデータを 圧縮することにより、管理者は帯域幅の消費を 減らし、サイトのパフォーマンスを向上させる ことができます。MIME タイプ、パス、クライ アント、ユーザーエージェントなどを指定して のデータ圧縮が可能です。

メソッドの自動訂正
暗号化のために構成されたポート番号への、 セキュリティー保護されていない接続を指す URL がユーザーエージェントで誤って指定 されたとき、ユーザーエージェントは自動的に、 そのポートに対する正しい URL メソッドに リダイレクトされます。

 

仮想サーバーのサポート
数千のドメインを使用したサービス提供を 1 つ の Web Server プロセスで実現できます。個々の 仮想サーバーに対し、IP アドレス、ポート、 ドキュメントルート、環境設定、ログファイル などを個別に設定できます。

コンテンツフィルタ
NSAPI フィルタの搭載により、開発者 および管理者は、要求、応答、応答 ヘッダー、ペイロードをアプリケーション ロジックを使用してリアルタイムに 変更できます。

データ暗号化とセキュリティー
高度なアクセス制御リスト (ACL)、柔軟な スキーマサポートを備えた組み込み型の LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)、SSL (Secure Socket Layer) v2 および v3、TLS (Transport Layer Security) 1.0、最先端の ECC (Elliptic Curve Cryptography) を利用して、 リソースをセキュリティー保護することが できます。最大 4k のキーサイズを使用 でき、自己署名付き証明書を容易に生成 できます。Solaris 10 の暗号化フレーム ワークとの統合により、Niagara Cryptographic Framework (NCP) などの機能を 利用できます。JKS 形式で格納された証明書 およびキーのインストールがサポートされ、 証明書およびキーの容易な共有が可能になって います。証明書の取り消しリスト (Certificate Revocation Lists: CRL) の動的更新により、 高水準のサービス可用性要件と両立可能な PKI 管理を実現しています。

一般的な脅威からの保護
クロスサイトスクリプティング、特定 URI への分散要求攻撃、特定 IP アドレスからの 大量要求など、一般的な攻撃に対する 保護が組み込まれています。

統合検索エンジン
組み込み型の検索エンジンは、一般的な種類の ドキュメントに対する、すぐに使えて強力な 検索ソリューションを提供します。

統合逆プロキシ
完全に統合された逆プロキシユーザーエージェントにより、 Sun Java System Web Server 7.0 は、利用者の多いすべての アプリケーションサーバーを含め、HTTP で 動作する他社製のサーバーに対する HTTP エンドポイント として機能することができます。

FastCGI サポート
FastCGI プロトコルのサポートは、アウトオブ プロセス構成でサードパーティーのテクノロジを 利用するための効率的な手段を提供します。 FastCGI は一般に、パフォーマンスへの大きな ペナルティーを発生させずにサードパーティーの コードを実行するために利用されます。

堅牢な移行ツール
統合型移行ツールにより、既存の Sun Java System Web Server 6.x サーバー構成を容易に 移行できます。


マニュアルと便利なリンク集
製品 マニュアルには、Web Server リリースノート、 プログラマーズガイド、インストールガイド、 管理ガイドが含まれています。

Sun Java System Web Server の Web ページ では、製品の更新、 特別なお知らせやキャンペーン、アドオン、パートナーに ついての情報を提供しています。

The Sun Developer Network では、Sun のすべての製品および テクノロジに関する開発者向けの有益な情報を 提供しています。Sun の最新の取り組みやテクノロジ に関する情報を入手してください。

ご購入窓口では、ライセンスの購入、テクニカルサポート 契約、メディアキット請求のご希望を承っています。

テクニカルサポート窓口では、Sun Java System Web Server 7.0 の利用に関する支援サービスの依頼を承っています。

Sun Java System Web Server コミュニティーフォーラムは、 Sun Java System Web Server のユーザーおよび開発者のための コミュニケーションスペースです。
 

 
 


Français | Deutsch | Español | English | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文
 
 

 
Copyright © 2006 Sun Microsystems, Inc.